ガードエクササイズ

指示が細かいのでこちらのページへ!

ストレッチ

全体練習に入る前のストレッチ音源です。

SGHS_stretch
00:00 / 12:20
SNS_edited.png

​吉野先生より管楽器メンバーへ

SNS_edited.png

吉野先生レッスン#01

SNS_edited.png

吉野先生レッスン#02

SNS_edited.png

吉野先生レッスン#03

ピットレッスン

マレット関連の筋トレと持ち方・基礎練習。

講師はIPUでリーダーをされていた瀧内先生。

SNS_edited.png

2本マレットの持ち方〜基本

SNS_edited.png

4本マレットの持ち方

SNS_edited.png

4本マレットの基本

SNS_edited.png

筋トレ

ダンスベーシック

ガード用のベーシックですが、o1に関してはMMをする全てのパートに当てはまる内容です。

SNS_edited.png

​解説動画01

筋トレメニュー

新入生は入学前の練習に参加できたカラーガード以外は一度だけやったかな?

​また解説動画も探そうと思います。わかる人は挑戦してください。

・ソニック(普通)♩=70【60回】

・ソニック(逆) ♩=120【60回】

・グッパー    ♩=70【100回】

         ♩=90【100回】

         ♩=110【50回】

・プランク(普通)60秒

​・プランク(左右)60秒ずつ

[管楽器共通] 釜田先生より

お家でできるビデオレッスン

4/22更新

メロフォン講師「釜田 美雪」先生が創志のために準備してくださったビデオです。

SNS_edited.png

ビデオ①

​姿勢編」

SNS_edited.png

ビデオ②

​呼吸法編」

SNS_edited.png

ビデオ③

​筋トレ編」

Percussion

​スティックの持ち方

4/22更新

新入生向けのスティックの持ち方紹介(特にスネア)

SNS_edited.png

battery percussion

​exercise

4/22更新

​パート決め用のオーディション楽譜です。

Standard 26 American Drum Rudiments

スネアドラムのルーディメンツの標準的なリストを定めようと多くの試みがなされてきた。ルーディメンタルドラミングの普及のために立ち上げられた組織であるアメリカ・ルーディメンタルドラマー協会(NARD)は13の基礎的なルーディメンツを提案し、後にもう13のルーディメンツを加え26とした。最終的に、打楽器芸術協会(PAS)がこの26を再編成し、もう14を追加して現在の40からなる国際ドラムルーディメンツとした。 現在、国際トラディショナルドラマー協会(IATD)は当初の26のルーディメンツを再度普及させようと努力している。

音楽大学の入試に使われることもある。

スクリーンショット 2020-02-24 22.27.28.png