岡山の代表は創志!甲子園へ!

7月30日(月)

高校野球岡山県予選の決勝で学芸館高校と対戦!見事勝利し2年ぶり夏の甲子園へ進みました!


会場ではIPUの皆さんと一緒に創志トラックで運搬。




今回の試合は台風で順延になったので平日開催。残念ながらIPUの皆さんは試験のため、時間の都合のつく先輩方41名が応援に来てくださいました!


本校マーチング生徒も数名ボランティア活動を優先しているため12名で参加してきました!



ややこしいですが前から見れば大学生と同じポロシャツを着ているので見分けがつきませんね。。。



↓名物になりつつある「ドリフ早口言葉」


↓ノリノリの「サウスポー」

実は創志高校のレパートリーにはなかったので、隣の先輩に口頭で教えてもらいながらやってました!

大学生と踊ってる方が楽しそうですが・・・笑


↓ラスト一球をストライクで仕留めたエース




炎天下でおおよそ2時間以上の試合を終えて私たちのもとに「優勝報告会で演奏して!」の学校からのお願い。。。。「感じよく」がモットーの私たちですので、練習もなく勢いで引き受けました!


試合後野球部より早く学校に帰り、セッティングして内容を聞くと・・・数か月やっていない曲をフルで演奏することに、、しかもさっきまで太鼓を叩いていたガードちゃんがストレッチもすっ飛ばして踊ってくれました!

我がチームながら感じのよさにビックリです!


なにより感心したのが、突如始まった式典で自分たちの椅子を用意する間もなく始まってしまい、そのまま立ちっぱなしに・・・



何を指示するわけでもなく、自分たちで話し合うわけでもなく、全員が等間隔でパレードレストの状態で待機してるではありませんか!?

しかも式典中ほとんど微動だにしません。

監督・コーチに教わったことではなく、自分たちがIPUを参考にして自然にできたことのようです。

式典後も教職員から「一日炎天下で応援して式典も演奏ありがとう。立ちっぱなしにさせて申し訳なかった。でも堂々と姿勢よくしているみんなに感動した!」と声をかけてもらいました。

表面だけ見れば椅子を用意しなかったことが悪いんですが、「みんなでやっている式典で私たちの都合でごそごそして邪魔しちゃいけない!」この考えができることは絶対にマーチングでも、社会でも活きます!


遅くまで献身的に学校行事に参加し、その中で自分たちなりに楽しみながらこうやって成長していることを実感しました。




637回の閲覧

最新記事

すべて表示

岡山でもコロナウイルスが検出

ついに岡山でもコロナウイルス感染者が確認されました。 私たちマーチングバンド部も2/23の演奏会中止から随分コロナウイルスに振り回されています。 条件付きで練習再開の目処が立っていましたが、今回の件を受けてまた少し練習再開は見送ろうと思います。 生徒たちにはこれを機に日本の様子をしっかり見て欲しいと思います。 パニックを面白がる人がいること、 誤った情報がたくさんあること、 世の中には矛盾がたくさ

スクリーンショット 2020-02-24 22.27.28.png