第47回マーチングバンド全国大会

2019年12月15日(日)

さいたまスーパーアリーナで開催されたマーチングバンド全国大会に出場。

18団体の高校小編成のうち、16位で銅賞を受賞しました!

(写真:大会2曲目のシーン)


当日朝は7:00には活動開始。

IPU・環太平洋大学の皆さんも利用する施設にお邪魔し、朝のウォームアップを開始しました。


(写真:朝のウォームアップ)


各部屋に分かれてウォームアップを開始。

夢の大舞台当日朝なのに何故かいつも通りの賑やかな生徒たち。。。会場で頭が真っ白にならないか心配です。。。


そしてバスに乗車してさいたまスーパーアリーナへ!

車内ではWEB中継の一般や高校小編成を観戦しつつ移動しました。


到着後は一度出演者席に移動し、一般団体の演奏を2団体ほど見学。

観客席の見え方やベルの高さに入場の段取りを確認。その後バスと合流しました。


そこからはあっという間。


40分でバスから積み下ろし、組み立てをしてリハーサルコート。

12分間無音で身体を動かして、12分間チューニング。


そして3団体分ほどステージ裏で待機。


打楽器の入場準備を完了し、後1団体で入場・・・。

緊張で頭が真っ白になってないか・・・生徒を心配して見渡したところ、予想外の光景。


何故か泣いている生徒がいっぱいでした。


どのような感情から来る涙かはわかりません。

夢のステージが目前にきた嬉しさか、辛い練習に耐えた最後を迎える開放感か、1人卒業する仲間への想いか。。。


とにかく緊張でガチガチになるメンバーは少なく、その多くがこれから始まる8分間のステージにポジティブな感情で感極まった様子でした。



オープニングは自慢の8人サックスアンサンブル。



濃紺のシートに街灯を1本。

この街灯に火が入ってショーがスタートします。

カラーガードは黄色いワンピースの女性を中心にパリのアメリカ人の世界観を展開。

衣装はレトロな可愛さを求めてデザインしました。



そして2曲目

2018年創部当時、在校生である2年生からたった一人で入部してくれた現3年生のソロ。

また改めて触れますが、彼女の存在がなければ今日のチームはなく、この日この舞台に立つことは無かったと思います。

本番では弱々しくなってしまうことの多かった心配なソロパートでしたが、最後の最後は70点位の悪くない演奏(笑)

逃げなかった彼女の演奏につい指揮を振りながら泣いてしまいました(恥)



3曲目

本校マーチングバンドの初代バッテリーラインが登場!

4人中歩きながら演奏経験があるのはたった1人の2年生だけ。(写真右)

真ん中の2人は打楽器経験はあるものの、バッテリーパーカッションは初めて。

左のテナーに至っては楽器そのものが始めて数ヶ月の初心者。


それでも立派にパーカッションフィーチャーを演奏してくれました!

外部講師の指導力はもちろんですが、自分たちでの練習、何より唯一の2年生がたくさん我慢して悩みながらも育ててくれました!




続いて一人ひとりが自由に個性を発揮するキャラクターパート。

アイガットリズム の曲に合わせて個々の表現力を爆発させます!




エンディングに向かってビジュアルの見せ場。

シートの上でトスをしたフラッグから金色の紙吹雪が飛び出す仕掛け。披露するたびに歓声をいただきました。

練習のたびにホウキで集めて・・・あの苦労もなくなるんですね。



最後はショーテーマ「An American in Paris」をプリントしたビッグフラッグを背景に1年生トランペットのソロと、モチーフになった黄色のワンピースの女性のペアで終わり。

このショーを選曲したきっかけになった劇団四季の「パリのアメリカ人」のポスター。

このイメージを最後に採用したくてビッグフラッグを作りました。

オシャレにきまったでしょうか??

やりたかった世界観が伝われば嬉しいです。




閉会式を終えて会場近くのしゃぶしゃぶ屋さんで打ち上げ!

ドリンクバーで乾杯です!


とにかく全国大会が終わりました!

今年は出場できただけで本当に幸せでした。でも、銅賞って言われるとやっぱり銀賞が欲しかったし、金賞も夢見たい。

1期生はまだもう一回チャンスがあります。

マーチングに関して何も無かった創志に飛び込んでここまで頑張ってくれたこの子たちを、さらに高いレベルで輝かせてあげたいと思います。


応援いただいた皆さん、ありがとうございました!







622回の閲覧
スクリーンショット 2020-02-24 22.27.28.png